楽しいエンジニアをめざして

3か月で戦えるプログラマになるためのブログ

本日の活動と成果_20180331

行動内容

  • 行動内容管理アプリのインストール、および利用。 20minutes
  • paizaでの学習(Cランク)。 1hour 50minutes
  • webアプリケーション作成の考案。 1hour 10minutes
  • podcast "しがない"での情報収集。 30minutes
  • "ドットインストール"での学習。 4 hours

 

成果

  • 8時間の学習。(これだけの学習密度で8時間しか学習できていない!!っ)
  • 方針の改定。Webアプリケーションの開発を目標の筆頭にしており、そのこと自体に変更はないが、すぐに取り掛かるのはやめようかと思う。なぜなら、programing言語の選択や、フレームワークの選択、webアプリケーションの開発フローは、無数に存在しており、”webに書いてあったから、、"というのはとても弱い決定方法だと感じる。まずは1か月間、ドットインストールでひたすら学習したい。
  • paizaでの学習内容。paizaで問題を解くことは楽しいが、スキルアップにはあまりつながらない。むしろ、スキルアップした過程をたしかめるツールとして使うべきである。今回paizaで成長した点は、while文での問題を解くことが出来た点だ。アルゴリズムの問題は、基本的にfor文で解いていた。今回、繰り返す回数が複数の条件値によるものであった。また、配列とリストについて簡単に調べた。配列は、実際の値をメモリ上に格納する”要素”をはじめに宣言する必要がある。一方、リストは要素数の宣言が不要である。例えば、以下のような書き方になる。int seiseki = new int[2][10]; ArrayList<Integer> seiseki = new ArrayList<Integer>(); プリミティブ型ではなく、ラッパークラスのIntegerであることも要注意だ。
  • ドットインストールで学んだこと。CSSレイアウトについて。HTML + CSS は覚えることが多くて難しい気がする。覚えるべきことは覚えて、覚えないと判断したものは覚えない方針で行く。今回の学習の要点は、float表示。float:leftにより、タグ制御から外れた存在として扱われる。その対処法として、clearfixという考え方が肝要。clearfixのクラスを作成し、after疑似要素として.clearfix::after{content:''; display:block; clear: both;}の形で実装する。
  • 箇条書きに限界があると気づいたこと。
  • 1名の閲覧履歴があったこと。(完全に自分向けのブログであるが、閲覧うれしい。。笑)